FC2ブログ

宅地建物取引士~借地借家法 2

函館市の隣 北斗市の水田

私の食べているお米です
今年もすくすく育っています♪

秋の新米がたのしみですね~~~

IMG_1933.jpg


今回は前回に引き続き借地借家法です。

■敷金
貸主が借主から担保として預かるお金。
賃料が未払いになったら、貸主は敷金で充当できる。

敷金の返還と建物の明け渡しは同時履行ではない→明け渡しが先。

敷金返還請求権(誰が誰に敷金を返せとと言えるのか)

①貸主が変わった場合
  借主は新しい貸主に敷金返還を請求する。

②借主が変わった場合(又貸)
  元の借主が貸主に自分の敷金返還を請求する。

■借家契約の対抗力

(1)借主が新しい貸主に対抗
  
例えば~~~
BはAの建物を借りている。Aは建物をCに売った。
Bは新しい貸主にCに追い出されるのか?

→Bは次の①②のどちらかがあれば、建物を明け渡す必要はない。

①建物賃借権の登記
②建物の引き渡し
 (実際に建物にすんでいればいいということ)

(2)新しい貸主が借主に対抗

例えば~~~

新しい貸主CはBに「賃料を自分に払え」といえるか?

→CがAから建物所有権の登記を受けていればいえる。

■建物の転借人

(1)転借人は追い出されるか

例えば~~~

BはAから家を借り、Aの承諾をえてCに転貸(又貸)している。
ABの間の契約が終了した時、Cは?

①合意解除
AB間の契約が合意解除されたら
転借人Cは出ていかなくていい。

②期間満了または解約申し入れ
ABかんお契約が期間満了か解約申し入れで終了した場合

Cは追い出されるが、通知から6ケ月の猶予あり

③借主の債務不履行による契約解除

Cも追い出される。

(2)転借人への賃料請求

建物の貸主Aは
借主Bへも転借人Cにも賃料を請求できる。


■借家契約のその他の事項

(1)借地権の終了と建物の借主

例えば~~~

BはAから土地を借りて家を建て、家をCに貸していた。
Bの借地権が期間満了で終了した時、Cは?

出ていくことになる。
ただし
Cが借地権の終了を知らなかったときは
裁判所から最高で1年間明け渡しを猶予してもらえる。

(2)造作買取請求

借主は貸主の同意を得て設置した造作を借家契約終了時に買主に買い取ってもらうことが出来る。

*造作買取請求を認めない特約も有効

(3)地代の増額・減額裁判

地代の増額・減額で裁判になった時は、相当お額を仮に払い、
裁判が出てから 年10%の利息付きで調整する。

家賃を減額しない特約は無効。
但し、定期建物賃貸借契約では減額しない特約も有効。

復習終了!!

tomo日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ハコダテ人

Author:ハコダテ人
創意・工夫・努力・研鑽

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
当社HP
リンク
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今日の天気
函館市の天気