FC2ブログ

長寿と還暦

2月の吉日に母親が還暦になりました。

長寿を祝う還暦は、元服、婚礼と並ぶ人生における三大祝儀の1つとしての、
格調高きお祝いでした。これは、家父長制の強かった封建時代に始まります。
その影響で、本来還暦祝いの対象になるのは男性だけで、家長は数え年の
61歳になると、家督を後継者に譲り、引退するのがしきたりでした。
したがって還暦は単なる長寿のお祝いというよりも、本来は、その家の家系が
代々続き、家業が繁栄することを願う儀式として行われました。

家長制度の名残としての還暦祝いは、やがて長寿を祝うお祝いとして、
その性格を変えていきます。近代日本に入るまでは、日本人の寿命は
50年くらいであったと言われています。
人生50年と言われていた昔には、60歳を迎えることは長寿の証でした。
60歳まで生きること自体が珍しかった時代には、還暦は長寿祝いとして、
執り行われるようになっていったのです。

と言うことで・・・
金森ビアホールにて長寿と還暦を執り行いました。

P2130037.jpg
孫達からの花束の贈呈

DSC01402.jpg
孫娘からの感謝の手紙
当人の母親ではなく・・・
父親が涙してました。

P2130010.jpg
ケーキにはローソクが6本?

P2130032.jpg
還暦まであと57年・・・半世紀あまり

そんな自分も、あと23年・・・
還暦の折り返し地点を過ぎ・・・
少し老いを感じる親爺でした。 by TANAKA

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ハコダテ人

Author:ハコダテ人
創意・工夫・努力・研鑽

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
当社HP
リンク
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
今日の天気
函館市の天気