FC2ブログ

福祉住環境コーディネーター~色彩・照明、インテリア

福祉住環境コーディネーターのお仕事
色彩についてです~~

色を取り入れると生活も明るくなります♪
NCM_0025.jpg


■色彩・照明

高齢者は、加齢に伴う視覚機能の低下によって、
色彩の区別がつきにくくなったり、
暗い場所では物がよく見えなくなります。

このため、住宅内でつまずいたり、
物に衝突するような事故が発生しやすくなります。
このような事故を防ぐ一つの工夫として、色彩や照明に配慮する方法があります。



(1)色彩

高齢者には落ち着いた感じの色彩が適していると思われがちですが、
住宅内全体をそのような色彩にまとめると変化に乏しく、重い雰囲気になります。

そこで、居間や食堂などの大きな部屋では、
壁の一部にアクセントとなるような明るく鮮やかな色彩を取り入れると、
全体の雰囲気が変わり、気持ちよく生活できるようになります。
IMG_3233.jpg


トイレや洗面・脱衣室などの小部屋では、
壁全体を明るい色調でしあげると、
快適な気分で生活ができます。


ただし、賃貸住宅では、壁面を変更することは難しいので、
壁に絵画を掛ける、ソファーの上の小物のクッションや
カーテン、テーブルクロスの色を変えるなどの工夫をします。
IMG_3230.jpg


床仕上げは、視機能の低下した高齢者が床段差と見誤らないように、
同一部屋内では床面の色彩や仕上を変えないように注意します。


このように室内の仕上材の色彩を変更することで部屋の
雰囲気をかえることができますが、洗面器や便器の色は、
痰や大便、尿の色を確認できるように白を基本とします。


(2)照明
高齢者は加齢に伴って視機能が徐々に低下しますので、
住宅内の照明方法には十分配慮します。


照度は若齢者より高い照度を必要とします。が、
明るすぎるとまぶしく感じ、適切な照度でなければ
目に疲労を与えてしまうことになります。


また、ベットに仰臥しているときに照明器具が視野に入ると、
まぶしさを余計に感じますので、フロアスタンドや可動の照明器具をうまく活用します。

tomo日記
スポンサーサイト



介護保険制度~サービスの種類

今日の函館の日の出は 4:08
穏やかな朝です
IMG_1081.jpg

うちの母が介護認定を受けたのは
何年前だったのかなぁ~って

前回の続き
介護保険で受けれるサービスです。

要介護者や要支援者が受けれるサービス
大きく分けて三種類あります。
居宅サービス
施設サービス
地域密着型サービスがあります。

居宅サービスは今お家で暮らしながら受けられるサービス
訪問介護、訪問看護などの訪問サービス
通所リハビリステーション、短期入所生活介護や
福祉用具の貸与など在宅生活を支えます。

施設サービスは施設入所の高齢者の生活を支えています。
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
常に介護は必要で自宅での介護が困難な人に対し、
入所で介護や日常生活のお世話をします。
介護老人保健施設
在宅復帰に向けてのリハビリテーションを必要とする人に対し、
入所で短期集中型の介護や看護、リハビリテーションを提供します。

地域密着型サービス
要介護者や要支援者が、住み慣れた自宅や地域で生活を継続できるよう、地域の実情に応じて柔軟にサービスを提供しています。
定期巡回・随時対応型訪問介護看護などを行っています。

要介護・要支援認定で「非該当」とされた方にも
地域支援事業が提供されています。

予防サービス~通所型と訪問型
生活支援サービス~配色や見守りなど
また、要支援と非該当を行き来するような高齢者への
総合的で切れ目のないサービス提供や
予防事業のケアマネジメントを含め、
地域における全ての第一号被保険者の支援を担うのが
地域包括センターです。

ちょっと不安かなって思ったら
地域包括センターに相談してみると良いですね。

tomo日記

介護保険制度~認定からサービス利用開始まで

朝のお散歩が気持ち良いですよ~
西部地区では白のツツジが咲き始めています

IMG_0947.jpg

先日お客様から親族の方が要支援の認定を受けたので
介護保険で手すりを取付けたいといらっしゃいました。

勘違いしやすいのが
認定を受けるとすぐに介護サービスを利用できると思ってしまうこと。

でもサービスを受けるには必ずケアプランを作らなくてはなりません。

これはとても大切なことなんです。
例えば手すりを付けるにしても
背の高さや握力、麻痺状態などを解っていないと
適切な位置に取付できないからです。

そのために
本人と家族の方からお話しを聞いて
一人ひとりに適したサービスを組み合わせて
介護予防サービス計画書や介護サービス計画書(ケアプラン)を
作成していきます。

ケアプランができてはじめて
「要支援1・2」の方は介護予防サービス
「要介護1」以上の方は介護サービスを利用できます。

「要支援 1・2」の方は地域包括支援センター
「要介護 1」以上の方は居宅介護支援事業者へ依頼します。
地域包括センターは住んでいる地区によって違いますので
解らない方は

函館市役所
高齢者・介護相談窓口問い合わせてください。
TEL 0138-21-3025



介護保険制度ってどんなしくみ?

晴れたり曇ったり、雨が降ったりと変わりやすい秋の空です。

昨日美容室で話をしていて気になったのが介護のこと

一緒にお話ししていた方のご主人が
要支援から要介護の状態に急になってしまったらしく

今まで受けていた要支援のサービスと
要介護のサービスの内容の違いや支援体制などの
違いが良く解っていないらしく戸惑っていると

そんな話をしていて

まだまだ介護保険制度の事を良く知らない人が
多いんだな~って思ったので
今週は介護保険制度についてブログを書くことにしました。

うちの会社では介護保険制度が始まった2000年4月から
手すり取付、段差解消など工事をしていて
福祉住環境コーディネーターがいるのと
あと、実際に介護認定を受けた親がいるスタッフが2人いるので
介護保険制度にわりと詳しいのです。

介護保険の工事を始めたころ
玄関の踏み台と手すり取付工事の写真です。
杉並1   杉並2   杉並3

介護保険制度のしくみ
介護保険制度は、被保険者が納める保険料と、税金などの公費が財源です。
運営主体は市町村で、介護が必要かどうかの認定や、保険料の徴収などを行なっています。
国と都道府県は、財政・人材・資源などで市町村をサポートしています。

被保険者とは保険料を納める私たちで年齢によって
第1号被保険者と第2号被保険者に分れています。
第1号被保険者 65歳以上
第2号被保険者 40歳以上65歳未満
サービスを受けるための要件や、保険料の徴収方法が異なっています。

サービスを利用するには
まず、要介護認定の申請をします。

この申請は本人や家族が自ら市役所の
介護保険担当窓口に申請します。
申請をしないと認定が受けれないので
必ず申請手続きをしてくださいね。

申請手続き・介護についての相談は函館市の場合は 
函館市役所高齢者介護総合相談窓口 0138-21-3025

tomo日記
プロフィール

ハコダテ人

Author:ハコダテ人
創意・工夫・努力・研鑽

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
当社HP
リンク
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今日の天気
函館市の天気